かまたに あすり


釜谷あすり

釜谷 あすり

かまたに あすり

この度、統一地方選挙で自民党の公認を頂きました「かまたに あすり」と申します。 私の名前の由来は“アスリート”のあすり。 幼い頃から好奇心旺盛で何事にもチャレンジしてきました。 大好きな「渋谷」を、 住む人も、遊ぶ人も、仕事をする人にも住みやすい街に、政治を通して 変えていきたいと本気で思っております。
1:若手起業家、女性起業家が活動しやすい街づくり
2:1人暮らしの女性、高齢者に住みやすい街に
3:多様性の街しぶやの更なる進化
を実現したく、この度政治の世界に飛び込むことを決意いたしました。今回最年少で挑む渋谷区議会議員選。 若いからこそ、リアルな若者世代の目線と現状を理解し、偏見の無い多様性のある街にしていきたいと思っております。 まだまだ未熟者ですが、区民の皆様と共に成長させていただけるよう尽力したいと思います。

1992年8月6日生まれ(26歳)
2005年 私立横浜英和小学校卒業
2008年 私立横浜英和中学校卒業
2011年 県立神奈川総合高校卒業
(内1年米国Whitney Young High School)
2015年 明治大学 文学部文学学科フランス文学専攻卒業
2015年 株式会社ワコール 新卒入社
2016年 株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
2017年 独立
1:フィットネス事業(渋谷でダンス/フィットネスレッスンの開講、振付、キッズ/シニア向け健康指導)
2:ライブ配信育成プロダクション(トップライバーを育成、輩出し、メディアへのアプローチ)
3:秘蜜な焼き芋飲食店経営(焼き芋のFC展開、海外展開)

これまでの歩み

  • 幼少期

    両親に名前を「アスリート」の“あすり”に名付けてもらい、姉のまりん(マリンスポーツのまりん)にくっついて、いつも一緒に行動をしていました。この頃から元気いっぱい外遊びが大好きでした。

  • 小中学生時代

    様々なスポーツを経験し、小学生でフィギュアスケート、卓球、中学生で器械体操に熱中し多くの試合に出場しました。スポーツだけでなく学業も100%頑張ることをモットーにしており、得意な数学に集中しながら、成績は毎年学年トップをキープし、「何事も後悔なく全力で頑張ること」の楽しさを実感しました。 この頃父の仕事の関係でドバイに滞在し、2日間砂漠の耐久レースではアジア人としての賞を頂き、ドバイの新聞のトップ記事に載りました。

  • 高校生時代

    世界が今後更に国際化していくと感じ、ドバイ生活で感じた「世の中はもっと広い。世界に目を向けて学びたい!」という思いから、グローバル思考を持った高校に進学。 アメリカのシカゴの高校へ留学経験を活かし、「他国へのステレオタイプ(固定概念)を無くすために」というプレゼンテーションで、フランス大使館でスピーチ代表を果たしました。

  • 大学生時代

    明治大学文学部フランス文学科専攻に入学し、様々なコミュニティに飛び込みました。 国際ZUMBAフィットネスインストラクターとしての活動、東南アジアの物資提供ボランティア活動、大手企業とのタイアップ企画運営、ボルダリングサークルの立ち上げなど、どんなジャンルにも挑戦。南米やアフリカのバックパッカーにもチャレンジし、宗教や文化を飛び越えた交流をしました。 「PUCH1BY」というダンスユニットを結成し、自分たちで営業をし東南アジアでのステージや都内イベント出演を3年間果たしたことも思い出の一つです。「ダンスや歌などは世界で通じる言語」と実感したのもこの頃です。

  • 社会人時代

    女性の輝く社会を創り出すという魅力を感じ、新卒で株式会社ワコールに入社。本社京都で西日本の小売事業の営業を担当。その後、株式会社リクルートマーケティングパートナーズに転職し、ブライダル事業ゼクシィの広告コンサル営業を担当。幼少期から父の会社経営を身近に感じ学んできた経験を活かし、経営者としての判断をすることを常に意識していました。

  • 現在

    企業での経験を活かし、3つの事業で独立をしました。常に自分のアンテナを張りめぐらし、「今後世の中に求められるもの」をキャッチしながら、その時代の流れに乗るビジネスを展開していくことを意識していました。事業の一つ、「秘蜜な焼き芋」では渋谷を拠点とし、焼き芋をもっと手軽に美味しく楽しくできるようなコンセプトで、古き良きものをアレンジしています。 若者や女性がわかりづらく身近に感じられないことも、発想と行動力を駆使すればどんなことでも実現できると信じています。