自由民主党渋谷総支部定期大会

令和3年3月28日、千駄ヶ谷区民会館にて自由民主党渋谷総支部定期大会に代わる幹事会が開催されました。

議事で承認された大会決議は、下記の通りです。

 決 議
 昨年、中国・武漢から流入した未知の感染症は、発生から一年以上を経過した今でも連日、新規感染の拡大が報じられ、終息する気配は見られない。この間、医療従事者等関係者の昼夜を問わない懸命な働きに支えられてきたが、多くの人が疲弊し限界を感じている。経済的にも自粛や時短の要請により、飲食業を中心に各業種に亘って経営が厳しい状況に陥っている。
 このような世界的な危機の時こそ、力強いリーダーシップのもと、最重要課題である新型コロナウィルス感染症対策と経済の回復に全力で取り組まなければならない。それを実現できるのは、我々 自由民主党である。我々は責任政党としての「矜持」をもって、早期に結果を出して国民の期待に応えなければならない。  
 そのために極めて重要となるのが、本年七月の東京都議会議員選挙と十月に任期満了を迎える衆議院議員選挙である。我々自由民主党渋谷総支部は、叡智と総力を結集し、党員一丸となってこの闘いに挑み、勝利を掴み取らなければならない。そして区政・都政・国政の強固な連携をもって区民の負託に真摯に応え、渋谷区の責任政党としての責務を全身全霊で果たしていく決意をここに宣言する
右決議する。
   令和三年三月二八日  自由民主党渋谷総支部定期大会に代わる幹事会